ッィゴイネルワイゼン

 一昨日であったか、鈴木清順のッィゴイネルワイゼンを初めて見て、けっこう痺れた。うーんまいったなあ。
 今日はこれから陽炎座を見る予定。有難い。
スポンサーサイト

私は誰か?

 昨日、であったか、「私は誰か」でググってみた。有名なラマナ・マハルシ師の教えに関するものがやはりたくさん出てきたのでした。
 そのように問い続けるれば、覚醒に至る、らしい、というやつだが。ある人が、誰か?、ではなく、何か?と問うのがよかろう、という意見を述べていた。
 誰?というのは、複数いる既知の人間のうちのどの人であるか、というニュアンスがなくもないので、つまり、この設問の最終的な答えは、私というのは、人間であるとは限らないので、私は何か?と問うのが、より理にかなっている、らしいのであります。
 そう言えば、「僕ってなに」っていう小説が昔あったな。読んでないが。

 渡辺恒夫という人がいる。読売の渡邉 恒雄と紛らわしいが、このナベツネ氏は思いのほかいいやつだった。
 この人の「輪廻転生を考える」という講談社現代新書があった。私の書架のどこかから出てきたのですが。1996年の本だからそう古くもないが、買った時に通読したのかどうか。たぶん、少し読んでやめたのだと考えられる。
 というのは、この本は看板に一割(偽り)ありで、輪廻転生に関する本ではないのだから。驚くべきことに、これは永井均の考えと呼応する、やはり独特の独我論、独在論を提示している書物なのでありました。
 この本を買った頃の(1996年ころ)私といえば、輪廻好きだったのであって、それで輪廻の本買って、少し読んでみたら違うことが書いてあるようなので、放り出したというのが、真相だろう、と思う。
 20年以上を経て発掘?されたこの本を、Amazonに出すといくらになるかな、という感じでチェックしたのですが、ついでに、少し読んでみるか、と読み始めてややビックリ。
 20年前とは私の興味の在りどころが変わっていて、この本の内容が見事にツボにはまってしまった。有難いのかどうか。偏在転生観という奇怪なるアイデアを提示していて、愉快なのである。
 少し書きすぎたかなあ。疲れてきたので。

SSD換装の思い出 4

 私のPCのシステムディスクは、購入後自力でパーティションを切ったのだが、Cドライブは475ギガくらいの設定にしていた。
 
 そして、換装のため中身(使用量)はかなり減量して115Gくらいまでに切りつめていたのですが、色々の調べによると、250GくらいのSSDにクローンを作るには、Cドライブそのものを200ギガくらいまで縮小しなければならないように思えていた。
 
 ただMiniTool 様のみがCドライブを縮小しなくても、使用量さへ減らしておけば、SSDに見合った大きさのパーティションを作ってくれる。他のフリーソフトでは無理だ、と信じていたのです。
 
 そして、その夜Migrate OS to SSD/HDD という機能を使用して、作業を始めました。ランケーブルを取り外し、ノートンも無効にして、粛々と、という言葉がよく似合うような時空が訪れた。色々の設定をして、すべてOKとなれば、APPLYのボタンを押す。

SSD換装の思い出 3

 もう忘れてしまいそうでもありますが、7月25日に注文したSSDは7月27日も午前中には届き、そして、果敢にもその日の夜にOSのクローン作製まで進んでおるのだなあ。
 SSDを外部接続するための装置か変換コードが要るかと思っていたのですが、昔(2008年くらいか)購入しておった、2.5インチHDD外付け用のケースが一個あって、それが使えるんじゃないかと密かに睨んでいたところ、ピンポーン!。
 なんとピッタリ、バッチリと嵌りこんでスゲエぜ、ということに。
 このケースは、9年前に妻の従弟がしばらく来るということになって、こちらのPCも少しは使わせなければならんだろう、という状況になったので、ため込んであった資料(?)を緊急避難するために、新宿のヨドバシカメラで急遽買ったのだった。
 裸のHDD(2.5SATA、60ギガくらい)と、ケースという買い方をしていたのが、今役に立った。
 それで、そのケースに買ったばかりのSSD様をぴったんこと挿入して、電源供給用に二股になったUSBケーブルでPCにつなぐと見事に認識。
 そして、MiniTool 様。これは去年DLしてあった、9.02くらいのヤツ。まだ英語のみ。それで果敢にトライ。
 migrate OS という機能があって、これを使う。

SSD換装の思い出 2

 去年は、色々調べた末、フリーソフトでは難しいので、「AOSデータ ファイナルHDD/SSD入替15plus Windows10対応版」という奴を買おうかと考えて、その会社に質問までしたりしたなあ。値段も3800円くらいだし。でも結局皮なんだし、なにもせんかんかったん。
 ただ、去年の段かいでMiniTool がいいらしいことまでは掴んでいて、ダウンロードまでしておったんじゃからなあ。
 
 そして、今年7月になって、SK hynixの SL308 HFS250G32TND-N1A2AというのSSDが目に留まって、価格.comの売れ筋1位で、レビューや口コミの感触もよく、値段も安く、ということで、NTTxショップで8900円くらいじゃった。
 もうこれに決めた、と250ギガだし。それが7月22,3日のことかなあ。そして、YahooショップにNTTxの出店があって、ソフトバンクユーザーである小生は5の付く日にかえば、ポイント15倍くらいもらえると。それで、実質8000円をキル値段で買えたんですじゃ。

SK hynixの SL308